Hatena::Groupkapiem

Kam tagad viegli?

 | 

2007-02-26

路傍の鳥居

京都市営地下鉄ホームの端にて撮影しました。わざわざトイレの位置を知らせる文章があるのですから、この鳥居はやはり小便防止用なのでしょう。にも関わらずに放水!がなされた場合、やはり鳥居の絵が破けてしまうのでしょうね。確認したいような、したくないような……

延泊友の会

とある学芸員さんから興味深いご意見をうかがいました。

月曜に観覧できる文化施設の一覧があれば便利だよねぇ。土日が出張で月曜を移動日として帰る場合、そんなに急がなくてもよいなら、ひとつかふたつ常設展でも覗いて帰りたいし。

そこで、気付いた施設から挙げておいて、ある程度の数になったらリンク集のページをつくろうと思いました。もう誰かしてるかもしれませんが。

基本的に毎月第2水曜日がお休み*1で、むしろ休館日に遭遇することが難しい印象を持っています。アクセスも京都駅から地下鉄一本ですし、地上出口から館まで(まわり道させられるけども)すぐなのもありがたいです。小さな展示室ですが、じっくり眺めることができます。

企画展「先人達の京都研究」

上記で紹介した京都府立総合資料館で現在開催中の展覧会*2は、中村武生さんが絶賛しておられる*3ので期待していたのですが、いやもう期待以上というか、新世紀の京都叢書計画と言いましょうか、よくもこの狭い空間に詰め込んだというか……『西宮記』『公事根源』から平安遷都千百紀念祭・京都史蹟会まで扱っているのですから!

(展示構成は以下の通りです)

  1. 江戸時代の京都研究-歴史考証と地誌の発展
    1. 伝統の継承と歴史考証
    2. 実証的な歴史研究の萌芽
    3. 新たな歴史考証の成果
    4. 地誌・名所案内の興隆
  2. 近代の京都研究
    1. 湯本文彦と平安遷都千百紀念祭
    2. 日露戦争後の維新前民政資料調査
    3. 大正大礼と郷土誌の編纂
    4. 観光への接近
    5. 郷土読本の時代
  3. 京都研究をめぐる人々
    1. 平安遷都千百紀念祭に関わった人々
      • 田中教忠
      • 碓井小三郎
      • 高橋正意
    2. アカデミズムの京都研究
      • 西田直二郎
      • 粟野秀穂
    3. 京都史蹟会をめぐる人々
      • 西村吉右衛門
      • 小西大東
      • 川勝政太郎

*1:毎月第2水曜日のほかに、祝日法に規定する休日、年末年始(12月28日~1月4日)、蔵書整理期となります。ご指定のページまたはファイルは見つかりませんでした。/京都府ホームページを参照。

*2展覧会のお知らせ [総合資料館]/京都府ホームページ

*3企画展「先人達の京都研究」をみる: 歴史と地理な日々(新版)参照。中村さんがブログで「びっくり」を使うのはとても珍しいと思います。

 | 
無料アクセス解析